育毛剤の医薬品と医薬部外品、どこが違う?

育毛剤の医薬品と医薬部外品
黒くふさふさした髪は、はたから見ても若く見えます。逆に、髪が薄いと何となく老けて見えるものです。そのためか、まだ若いのに髪が薄い人はどうしても気になり、育毛剤を利用する人が少なくありません。

ただ、その育毛剤には「医薬品」と「医薬部外品」があり、その違いを認識していないまま使っている人もいます。

育毛剤の医薬品と医薬部外品の違いを端的に言うと、「薬機法」における分類の違いです。

医薬品

医薬品(第一類医薬品)と表記されている育毛剤は「医薬成分」が配合されている製品のことであり、要するに「薬」です。

医薬成分が含まれているために店頭に並べて販売することはできず、医師に診断してもらった上で処方箋をもらう必要があります。

当然、臨床試験等で有効性が立証されているため、育毛の効果が高くなっています。ただ反面、効き目が強いことから、副作用の出る可能性のあることは否めません。

育毛剤の医薬成分として代表的なものに「ミノキシジル」と「フィナステリド」があります。

ミノキシジル

ミノキシジルは頭部の毛細血管を拡張させて血流を促進し、栄養を十分に毛根へ行き渡らせることで育毛を促進します。

ただ、元々血圧降下剤として開発された成分であるため、副作用として頭痛やめまい、不整脈を起こす懸念があります。

フィナステリド

フィナステリドは男性の脱毛症であるAGAの原因となる男性ホルモン(DHT、ジヒドロテストステロン)の生成を促す酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑制する働きがあります。

フィナステリドは本来前立腺ガンの治療薬であったため、副作用として性欲の減退や肝機能障害を起こす可能性がゼロではありません。

ただし、両成分とも厚生労働省が認可した医薬品であるため、用量や用法をきちんと守れば大きな副作用を引起こすものではありません。

医薬部外品

医薬部外品はその名の通り、薬ではありません。厚生労働省が許可した効用のある成分が配合されてはいるものの、治療効果があるわけではありません。従って、ドラッグストアで簡単に購入できます。

当然、医薬品と比べると効果は低いですが、その分副作用のリスクはほとんどありません。正直、効果を感じられる人もいれば、感じられない人もいます。

薄毛の治療というよりは、予防の色合いが濃くなっています。

ニーズに即して使用

育毛剤は紛らわしい名前で販売されているものが少なくありません。中には、有効成分が少ないために医薬部外品にもならず、単なる化粧品として扱われる育毛剤もあります。

製品に使われている成分をよく見極め、自分が求める効能に即した育毛剤を使用すべきです。

【関連PR】https://ikumoufirst2018.com/