増大サプリで副作用は起こるのか?

増大サプリを服用したため起こったと言われる副作用で最も多いのが「毛が抜けた」というもののようです。

一説には男性ホルモンの増大によって毛が抜けてしまうということのようですが、科学的に立証されているわけではありません。

私見を言えば、「スケベ=ハゲ」のイメージから来ているのではないかとも思われますがほとんど都市伝説のレベルですね。

増大サプリは局所的作用をもたらすものではない

むしろ、増大サプリにも使われている成分が頭髪のケア系サプリにも使われているものもあるのです。
L-アルギニンなどはその代表と言えます。

増大サプリはテストステロンを摂取して男性ホルモンの分泌を促すことを目的としています。

他にも血流の増進を促すシトルリンや亜鉛など、ペニスそのものだけでなくペニスを取り巻く体内環境を整える成分が含まれます。

ですので、バイアグラみたいに1時間後に効果が表れるものではなくある程度の期間を置いて徐々に効果が実感できる仕組みになっているのです。

そもそもサプリに強力な成分は使えない

サプリメントと医薬品は日本では分類上、まったく別物になります。サプリで使用されている成分は薬事法で定められており、それ以外の成分や容量を超えるものは使用してはいけません。

つまり、副作用を誘発するようなリスクのある成分は、日本ではサプリメントとして販売することは禁止されているのです。

サプリより強い成分が含まれている医薬品でも厳重な治験と認可があって初めて販売されているのですから、少なくとも日本ではサプリメントが強力な副作用を及ぼすことはほぼ考えられないでしょう。

ただし海外のサプリには注意

上記はあくまで日本国内で栄養補助食品として認可されて販売されているサプリメントの話です。個人輸入などで入手する海外のサプリについてはこの限りではありません。

もちろん、日本の法律で認可されていない成分が使われている可能性があるためです。

また欧米などの製品の場合、日本人と体格差があるため同じ成分でも許容量が違う場合があります。
欧米人の平均的な体質ならOKでも日本人に当てはめると過剰摂取になるものもありますので注意する必要があります。

まとめ

基本的に国内で販売されているサプリで副作用のリスクはないと言えます。ただ本人の体調や、食品に対する相性などで軽い症状が出る可能性もゼロではありません。

海外のものは日本語訳サイトを見るなどしてしっかり確認する必要があります。

【関連】増大サプリと副作用の関係について